ファスティングの効果的な方法と実践例

ファスティングの効果的な方法と実践例

「ファスティングに一度挑戦してみたい」という人はたくさんいます。実際ネットで「ファスティング」というワードで検索をかければかなりの情報が出てきます。

でもファスティングは自己流でやるのはあまりオススメしません。ちゃんと効率的なやり方があるのでそれを守るのが大事です。

ファスティングの効果を出すには前後期間が大切!

スポーツ選手が一番注目されるのは当然プレイ中です。でも選手が最高のパフォーマンスを出し続けるにはその前とその後に適切なストレッチをするなど「慣らし」の時間を取る必要があります。

同じようにファスティングにもその前後の準備期間や回復期間を重視する必要があります。全てを詳細には説明できませんが、大まかなやり方を概説します。まず1日のファスティングを行うとします。

その場合その前の1日間は準備期間として減食するようにしましょう。一日以上とってもかまいません。暴飲暴食をしている人は準備期間を長めに取る方がよいです。準備期間中は和食に代表されるような胃腸に負担がかかりにくい食事をします。

よくそれぞれの頭文字を取って「まごわやさしい」と呼称される「豆、ごま、わかめ、野菜、さかな、しいたけ、いも」などを摂るのがオススメです。お粥など柔らかめのものも良いです。

ファスティングに入ったら栄養素ができるだけ多い酵素ドリンクを用意しましょう。

回復期間はリバウンドに注意!

準備期間を終えてファスティングが終わったら、今度は回復期間です。断食が終わったからと言っていきなりバカ食いしないように気をつけましょう。リバウンドのリスクがあります。

ですから準備期間のようにやはり負担の少ないものを食べるようにします。この期間はファスティングの期間と同じかそれ以上取るようにします。

ファスティングの実践例

実際にファスティングをしてみて健康効果があったという人の例をご紹介します。この人はまず準備期間を3日間取って、徐々に食べる量を減らすようにしました。脂っぽいものや甘いものを減らすのはきつかったようですが、なんとかやり過ごしました。

その後3日間のファスティングを実行しました。酵素ドリンクを使いながらのファスティングです。特にめまいや頭痛も起きず、3日目には体が軽く気分も良かったようです。

最終的にフェイスラインがシャープになってくびれもはっきり出て、体重は3.6キロ落ちたようです。

回復後は食べたい欲求との戦いだったようですが、お粥などで済ませて素材の味をもっと楽しめる味覚になった気もしました。

まとめ

ファスティングが効果を出すためには準備期間と回復期間を重要視することが大事です。もちろんファスティング中も酵素ドリンクなどでしっかり栄養補給をしましょう。

最初は半日とか1日など短い期間から始めると無理なく断続的に続けやすくなります