成長期のファスティングは避けて

成長期のファスティングは避けて

半日~数日間断食することで腸内環境をよくするというファスティングが今人気になっていますが、ファスティングは誰でもかれでもやっていいものではありません。

成長期のファスティングは基本避けた方がよいです。その理由について簡単に説明したいと思います。

成長期はやめた方が良い理由

小学生や中学生でも自分の体型のことを気にしている人は少なくないでしょう。スタイルが気になるのは大人だけではありません。しかし成長期にある子どもと大人とでは体の状態が多少なりとも違います。

ですから大人と同じような生活スタイルはできません。基本的に成長期にある子どもはたくさんのカロリーや栄養を必要としています。

中学生以下はたくさん成長する時期なので高栄養価のものが必要です。ですから断食はやめておきましょう。

だいたい16歳以上つまり高校生以降なら無理のない程度で始めても良いと言われていますが、慎重になる必要があります。

いきなり3日間のファスティングをするなどということは避けて、半日のプチファスティングをして様子を観察しながらやりましょう。

ファスティングは自己流は避けよう

ファスティングの知名度があがってくると心配されるのは自己流です。「適当に断食をやってみたら効果が出てたくさん痩せた!」という事が起きると、調子に乗って無理なファスティングを続けてしまうかもしれません。

ファスティングをすると頭痛がおきたりめまいが起きる可能性があります。そういう時に正しい対処法を知らないと体調の改善を遅らせてしまうかもしれません。ですから正しい知識のもとにファスティングをすることが大事です。

通信講座でファスティングを学ぼう

ファスティングについて学ぶためにわざわざカルチャースクールに行くのも面倒です。でも通信講座なら自宅学習できるので便利です。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「ファスティングソムリエW資格取得講座」という講座はオススメです。

この講座は初心者にも対応しているので、ファスティングについてまだよく分からないという人でも無理なくついていけます。

しかも講座を受講してテストを受けるか卒業課題を提出することでファスティング関連の2つの資格が取れてしまいます。これらは他の人に教えるレベルであることを認定する資格です。

まとめ

ファスティングは成長期の子どもは避ける必要があります。成長期の子どもはたくさんのカロリーや栄養素を必要としているからです。

ですからあせらずに、食生活のバランスを良くするなど無理のない方法でダイエットをしましょう。成長期を過ぎたら少しずつファスティングにトライしてみましょう。