初心者向けのプチファスティング

初心者向けのプチファスティング

ファスティングは必ずしも数日かけて行わないといけないわけではありません。初心者の場合は始めやすいプチファスティングを行うのをオススメします。

プチファスティングは短い日数でのファスティングとなるので、負担も少なく無理のない始め方ができます。そのやり方についてご紹介します。

プチファスティングのやり方

プチファスティングは半日とか1日くらいから始めると良いです。例として半日ファスティングのやり方を概説します。

例えば夜だけファスティングする方法です。お昼を食べた後に夕食を食べないようにします。仮に12時から食べ始めて12時半に食べ終わったとします。

そうするとその日の夕食は酵素ドリンクにしておいて、翌日の朝まで食べないようにします。朝食の時間が7時だとすると、計18時間半のファスティング時間となります。これくらいの時間であれば初心者でもそれほど問題なく行えるでしょう。

他のやり方は夜の代わりに朝食を抜く方法です。夜の7時か8時くらいまでに夕食を済ませて、朝は酵素ドリンクで補います。

その後12時にお昼を食べたとすると17時間~18時間のファスティングとなります。要は朝食か夕食で半日ファスティングをするということです。

活動量の少ない日にプチファスティング

毎日同じエネルギー消費量になることは普通ありません。カロリーを多く使う日もあればあまり使わない日もあります。特に休日などはあまり動かないで消費カロリーが減ってしまいます

そういう日にプチファスティングができます。夜は食事が体脂肪に変化しやすいので、「今日はあまり動いてないな」と感じたらその日の夜は酵素ドリンクに置き換えて断食です。

ファスティングについてもっと詳しくなろう

ファスティングについてもっと学びたい、人にも教えられるようになりたいという人は、ファスティングのイロハは通信講座で学ぶと面白いです。例えば諒設計アーキテクトラーニングの「ファスティングソムリエW資格取得講座」は非常に役立ちます。

初心者にも対応している講座で、続けられるファスティングの方法を学ぶことができます。勉強すると2つのファスティング関連資格を取得可能です。

話題のファスティングのノウハウを深めるのに良いので、公式サイトを見て資料請求するのがオススメです。公式サイト:https://www.designlearn.co.jp/fasting/

まとめ

プチファスティングは初心者に向いたファスティングです。数日かけてやる必要はなく、半日から始められるので無理なく飽きることなく挑戦できます

慣れてきたらファスティングスキルをもっと深めていずれ他の人にも教えられるようになります。ただ正しいやり方で行うために通信講座でイロハを学ぶ事をオススメします

ファスティングソムリエW資格取得講座