やってはいけない無理なファスティングダイエット

やってはいけない無理なファスティングダイエット

「ファスティング・ダイエットに失敗した!」という人は少なくありません。ファスティングは効果が高いダイエットの手段として知られていて、かつ成功率もわりと高いとされています。

それでも失敗してしまう理由の一つは、無理なファスティングをすることです。ファスティングでおさえるべきポイントをお伝えします。

無理なファスティングってどんなファスティング?

無理なファスティングとは、例えば期間が長すぎるファスティングのことです。おそらくファスティング・ダイエットをしようと思ったのは「食べ過ぎてしまったのが理由」という人は多いでしょう。

普段不摂生な食生活を送っていた人が、一念発起していきなり長期間のファスティングを準備もなしに行ったのでは当然効率が悪かったり、きつくなって止めてしまう可能性が出てきます。ファスティングは長くても最大3日間くらいをマックスにしておくのが無難です。

初心者であればまずは半日とか1日くらいから始めるのが良いでしょう。ファスティングでは低血糖状態になる可能性があります。また低血糖だと頭痛が起きることがあります。ですから長時間やるのは慣れてからにしましょう。

準備期間を設けないファスティング

アスリートやスポーツ選手は、全力で運動をする前にウォームアップやストレッチなどを行います。朝起きていきなり100メートルを全力疾走する人はいません。同じように、水分だけを摂取するファスティングを実践するには事前の準備というものが必要です。

直前まで脂っぽいものを食べていたのに、いきなりファスティングでは体への負担が大きくなります。ですから減食したり負担の少ない食材を食べる期間を直前に設けるなどして準備する必要があります。

そうすればメンタル面でのストレスも軽減されてファスティングをしっかり行うことができます。例えばお粥など柔らかいものに変えたり、いわゆる「マゴワヤサシイ」と呼ばれる食材を摂るなどすると効果的です。

その道のプロが手掛けた通信講座でファスティングを学ぼう

ファスティングを少しでも効率的に行いたいなら、やはりその道に詳しい人のノウハウから学ぶ必要があります。そこでオススメなのが、諒設計アーキテクトラーニングの「ファスティングソムリエW資格取得講座」です。

この講座は初心者にも対応した講座ですが、ファスティング関連の資格2つを取得できるほどの内容を学ぶことができます。しかも通信講座なので時間もとらずマイペースに学習できます。

卒業後にアドバイザーとして活躍することもできますし、もちろん自分のスキルアップのために役立てることもできます。詳しい内容は公式サイト(https://www.designlearn.co.jp/fasting/)をチェックしてみましょう。

まとめ

ファスティングは無理な方法で行うと失敗しやすく効率的になりません。ですから正しい方法を学んで行わないといけません

諒設計アーキテクトラーニングの「ファスティングソムリエW資格取得講座」などを活用してファスティングノウハウやスキルを高めてみましょう。

ファスティングソムリエW資格取得講座